お知らせ

一般社団法人への移行のお知らせ

 今年は、殊のほか暑い日々が続き、また、各地で豪雨等の被害が生じておりますが、 会員の皆様には、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 当会の一般社団法人化につきましては、ホームページやニュースレターにおいて ご案内して参りましたが、本年6月23日の大会時に開催されました理事会にて、 「第6期役員任期終了をもって任意団体から一般社団法人に移行すること」と 「一般社団法人日本遊戯療法学会定款案」が承認されました。 また、翌6月24日開催の総会の場で、一般社団法人化に関して会員の皆様の 承認を頂きました。 当会は2019年5月1日より、「一般社団法人日本遊戯療法学会」となります。

法人会し、選挙規定をはじめとする諸規定を整備することによって、学会組織や 財務体制の透明化が図られます。また、公的な団体として当会の活動が社会に広く 認識されることが期待されます。

 具体的には、会員による役員(評議員)の選挙を実施し、その後、評議員の互選に よる理事の選出、さらに理事の互選による理事長の選出をいたします。 これまでは任意団体でしたので、学会の預貯金等の契約は理事長の個人契約に なっていましたが、法人化後は、法人格をもった団体としての責任体制のもとで 行うことになります。

 当会は法人化により、より一層の発展を期す所存でございます。

 今後とも、会員の皆様のお力添えを賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

 

理事長 伊藤良子

メール相談のご案内

  日本遊戯療法学会では、自然災害に伴う子どもたちの心のケアについて、少しでもお役に立てることを願って、 以下のメール相談を開設いたしました。お受けできる相談内容は以下のとおりです。

  • お子様のご家族や関係者の方(支援者・親戚・友人)からのご相談
  • 自然災害によって生じたさまざまな心理的問題へのケアについて

 詳細はメール相談に関するPDFファイル をご覧ください。   

事務局移転のお知らせ

  2015年2月1日より、学会事務局が移転しました。詳しくはこちらをご覧ください。